トップページ  > オーストラリア、ヨーク半島、ウエイパ     |  お問い合わせ |  お申し込み

オーストラリア、ウエイパ 「ライトタックル フィッシング パラダイス」

ウエイパは、カーペンタリア湾に面したヨーク半島西側、中央部に位置していて、世界最大のボーキサイト鉱山のある町として知られています。人口は 3,500人程。北部オーストラリアに見られる典型的な熱帯性気候で、11月から4月にかけての6ヶ月間が雨季、5月から10月が乾季となります。乾季の冬の時期は、湿気も無く、気温も、朝夕が16度、日中が30度程度で、快適に過ごせます。

ウエイパは小さな町ですが、スーパーマーケットのあるショッピングセンター、ホテル、モーテル、キャンプ場、医療施設などが揃っていて、滞在するのに不自由はありません。ケアンズからは、カンタス航空が、毎日2便、就航しています。

ウエイパでは、南東の偏西風がオフショアウインドとなり、乾季の5月から11月まで、安定した海況を約束してくれます。それに、周囲にいくつもの川が海に流れ込み、オーストラリアの中でも、最高のフィッシングポイントとして、アングラーの間に知られています。魚種も豊富で、約50種の魚をターゲットとすることが可能で、ライトタックルフィッシングのフィールドとしては、申し分ありません。バラマンディーはもちろんのこと、クイーンフィッシュ、GT、ジャイアントヘリング、ゴールデントレバリー、パーミット、ミルクフィッシュ、ロングテイルツナなどが代表的なターゲットです。

雨季の間は、オペレーションを行いませんが、乾季のシーズンが始まる3月末からオペレーションを始め、乾季の終わる12月中旬でシーズンが終了します。ウエイパの町にあるホテル、あるいはキャンプ場をベースにした日帰りフィッシングと、マザーボートをベースにした船中泊フィッシングの、両方のアレンジが可能で、予算、日程に併せて、旅程を設定できます。

近年はフライフィッシャーマン憧れのフィッシングエリアとして多くのアングラーが訪れるようになり、1年を通じて混み合うようになりました。半年先の予約でも、なかなか日程が確保できない状況ですので、早めの予約が必要です。

オーストラリア、ウエイパでのフィッシングコース

「ウエイパ、フィッシングロッジ泊、日帰りトリップ」
「ウエイパ、マザーボート利用船中泊トリップ」

フィッシングターゲット(魚種)とシーズナリティー

  
バラマンディー クイーンフィッシュ ロングテイルツナ
パーミット GT キングサーモン
マングローブジャック ゴールデントレバリー ブラックジュー(ニベ)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
バラマンディー - -
フィンガーマーク - -
マングローブジャック - -
 クイーンフィッシュ - -
GT - -
 ジャイアントへリング - -
 パーミット - -
ロングテイルツナ  - -
○ 釣れます △ タイト - クローズシーズン

日本からのアクセス

日本からケアンズ

・ジェットスター利用
成田から毎日、直行便を運行
関空から月、木、金、土曜日の週4日運行

・コンチネンタル航空利用
グアムにて乗り換え(曜日は確認下さい)

・ニューギニア航空利用
ポートモレスビーにて乗り換え(曜日は確認下さい)

ケアンズからウエイパ

カンタス航空が、毎日2便(週末は1便)、ケアンズ・ウエイパ間に就航。フライト時間は約1時間。往路は国際線で到着後、午前中の便に間に合います。午後の便は、夕方遅い時間なので、 釣りを追えてからでもケアンズ行きの便に間に合います。日本へ帰国の場合は、前日ケアンズ泊となります。

オーストラリア、ウエイパ、サイト内関連ページ

バラマンディーフィッシングについて
クイーンフィッシュフィッシングについて
サラトガフィッシング