トップページ  > パプアニューギニア、ポートモレスビー、ガルフ     |  お問い合わせ |  お申し込み

パプアニューギニア、ポートモレスビー、ガルフ

パプアニューギニアの南部は、オーストラリアの北部に面し、オーストラリアと同じようにバラマンディーが釣れます。この地域は、バラマンディー以外にも、パプアンバス (フエダイの仲間)が釣れるポイントもあり、同じ水域で、バラマンディー、パプアンバス、両方のフィッシングが楽しめます。このエリアでのフィッシングは、道路が開通してから 5年と日が浅く、その上、釣りを楽しむためには、習慣上、そのエリアのチーフに許可を取らなければ、いろいろと問題が生じるところから、アングラーの入域を拒み続けてきたところで、 フィッシングプレッシャーが殆どありません。その為、大型のバラマンディー、パプアンバスが釣れるエリアとなっています。最近では2007年の12月に42ポンドのバラマンディーが、 2008年の6月には45ポンドのバラマンディーが釣れていますが、かなりの確率でメーターオーバーのバラマンディーを仕留めることができます。

バラマンディーは、ロッジ周辺の河口域でのフィッシングに限られますが、パプアンバスに関しては、河口域エリアから上流域エリアまで、広範囲で釣れますが、パプアンバスをメインターゲットにする場合は、上流部でのフィッシングの方が、ランディングできる確立が高いようです。その際は、ボートで上流部まで移動し、現地のゲストハウスに宿泊して釣りを楽しむことになります。

パプアンバスに関しては、数で言えば、同じくパプアニューギニアにあるニューブリテン島のバイアフィッシングロッジにはかないませんが、2009年6月には37ポンドのサイズも ランディングされおり、サイズという点では、このエリアが最もお薦めです。

フィッシングターゲット(魚種)

   
パプアンバス バラマンディー バラマンディー
   
2010年の釣果    2009年の釣果   2009年の釣果 

日本からのアクセス

● 日本から、パプアニューギニアの首都、ポートモレスビーまで直行便を利用

ニューギニア航空が、週1回、成田からニューギニアの首都、ポートモレスビーに直行便を運行
 土曜日 21:25(成田発)    翌04:50(ポートモレスビー着)
 土曜日 14:35(ポートモレスビー発)    翌20:15(成田着)

● 日本から、ケアンズ経由でニューギニアの首都、ポートモレスビーへ

直行便利用の場合、旅程が8日間に限られます。それ以外の日程で旅程を組む場合、オーストラリアのケアンズ経由でパプアニューギニアの首都、 ポートモレスビーへアクセス可能です。ケアンズからポートモレスビーまでは、毎日、1便か2便、直行便が就航していて、フライト時間は1時間ほどです。日本・ケアンズ間のフライトにもちょうどいい乗り継ぎ時間と なっています。

コース詳細

・最小催行人数

 4名様より

・料金

お問い合わせ下さい

・ツアースケジュール

1日目 夜  成田発 
2日目 早朝 ポートモレスビー着、空港より直接フィッシングロッジへ 
フィッシングロッジ着 
午後 半日フィッシング(メインターゲット、バラマンディー)
3日目   終日フィッシング(メインターゲット、バラマンディー)
4日目 早朝 ボートにて上流部へ移動 
午後 半日フィッシング(メインターゲット、パプアンバス) 
5日目   終日フィッシング(メインターゲット、パプアンバス) 
6日目 下流へ下りながら終日フィッシング(メインターゲット、パプアンバス、バラマンディー) 
7日目 午前 半日フィッシング、午後、ポートモレスビーへ 
8日目 午後 国際線で日本へ

パプアニューギニア、サイト内関連ページ

「パプアンバスフィッシングについて」

パプアニューギニア、その他のフィッシングコース

「ニューブリテン島、バイアフィッシングロッジ」
「ポートモレスビー、ギャレーリーチ、バラマンディーとパプアンバス」