トップページ  > パプアンバス     |  お問い合わせ  | お申し込み

パプアンバスフィッシングについて

パプアンバス、スポッテッドバスはゲームフィッシングの対象魚としては、淡水魚の中で最もパワーのある魚です。主な生息域はパプアニューギニア、インドネシアですが、日本でもスポッテッドバスが釣れた記録があり、その釣れた川の名前を取って「ウラウチフエダイ」と呼ばれています。
パプアンバス、スポッテッドバスは、その生息域は、それぞれの地域で、大きく異なります。パプアニューギニアのパプアンバスフィッシングのメッカ、ニューブリテン島 では、パプアンバスは汽水域から中流域にかけて、スポッテッドバスは中流域から上流域にかけて棲息しています。パプアニューギア本土にはスポッテッドバスは棲息せず、パプアンバスのみと なりますが、汽水域から上流域まで全流域で釣ることができます。インドネシアでもパプアンバス、スポッテッドバス釣れますが、スポッテッドバスは淡水域に限られますが、パプアンバスは、河川の全域で確認できるようです。

パプアンバス、スポッテッドバスに関しては、まだまだ未知の部分が多く、正確な情報は、これからといったところです。

パプアンバスとスポッテッドバスはフエダイの仲間で、マングローブジャックやバラフエダイによく似ていますが、両者とも20キロ以上に成長し、フエダイの仲間では最大魚となります。 ただ、パプアンバスとスポッテッドバスを較べれば、スポッテッドバスの方が若干、大きく成長するようです。

パプアニューギニア本島では、険しい山岳地形、多くの湿地に阻まれて部族間の交渉が少なかった事もあり、部族毎の交流は殆どありませんでした。その為、自分達のテリトリーに、 よそ者が入ってくるのを極端に嫌う傾向があります。最近では、そういった傾向もだんだんなくなってきているようですが、未だに、我々が勝手に川に入り込んで釣りができるような状況には なっていません。現地のフィッシングガイドはこういった問題を少しづつクリアーしながら、現地との良好な関係を維持しつつオペレーションを続けています。

パプアンバス、スポッテッドバス、各コース

パプアニューギニア、ニューブリテン島

  「ニューブリテン島、バイアフィッシングロッジ」

パプアニューギニア本土

  「ポートモレスビー、ギャレーリーチ、バラマンディーとパプアンバス」
  「ポートモレスビー、ガルフ、バラマンディーとパプアンバス」

インドネシア領、ウエストパプア

  「ウエストパプア、パプアンバス、バラマンディ」

日本から、各釣り場へのアクセス

● パプアニューギニア

・日本から、パプアニューギニアの首都、ポートモレスビーまで直行便を利用

ニューギニア航空が、週1回、成田からニューギニアの首都、ポートモレスビーに直行便を運行
土曜日 21:25(成田発)    翌04:50(ポートモレスビー着)
土曜日 14:35(ポートモレスビー発)    翌20:15(成田着)

・日本から、ケアンズ経由でニューギニアの首都、ポートモレスビーへ

直行便利用の場合、旅程が8日間に限られます。それ以外の日程で旅程を組む場合、オーストラリアのケアンズ経由でパプアニューギニアの首都、 ポートモレスビーへアクセス可能です。ケアンズからポートモレスビーまでは、毎日、1便か2便、直行便が就航していて、フライト時間は1時間ほどです。日本・ケアンズ間のフライトにもちょうどいい乗り継ぎ時間と なっています。

● インドネシア領、ウエスタンパプア

・日本から、ジャカルタ、もしくはデンパサール(バリ)を経由してウエスタンパプアへ

ガルーダインドネシア航空は、ジャカルタとデンパサール(バリ)へ、毎日、直行便を就航させています。JAL、ANAは、デンパサール(バリ)への直行便はありませんが、ジャカルタへは、毎日、直行便を飛ばしています。
ジャカルタ、デンパサール(バリ)から、ウエストパプアまでは、ガルーダインドネシア航空以外に、もう1社、直行便を就航させていた、現地までのアクセスは、そんなに悪くありません。

パプアンバス、スポッテッドバスフィッシングについて

シーズン

基本的には、やはり水の濁りが、かなり釣果に影響しますから、水の濁る雨季の時季はあまりお薦めできません。ニューブリテン島やニューギニア本土南部では12月~4月にかけてが雨季の 時期となります。一部のフィッシングロッジは、この間、ロッジをクローズしてしまいます。釣行は、それ以外のシーズンに組んだほうがいいでしょう。雨期明け直後は、まだ天候は安定しませんが、 オフシーズンの直後だけに釣果には恵まれるようです。
インドネシア領、ウエスタンパプアでは、4月~5月と9月~11月が乾季となりますので、この時季がベストシーズンと言えます。

宿泊施設、ガイド

パプアニューギニアのフィッシングロッジ
インドネシアでのフィッシングキャンプ

パプアンバス、スポッテッドバスの両方の魚をターゲットにするならニューギニア本土の北側にあるニューブリテン島です。ニューブリテン島にはパプアンバス、スポッテッドバス専用の フィッシングロッジが数箇所あり、ベンドローラ、バイアの2つのフィッシングロッジが有名です。(現在、ベンドローラは閉鎖中です。)これらフィッシングロッジは、最寄のローカル空港から さらにヘリ、あるいはボートで数時間移動した遠隔地にありますから、スケジュールを立てる際は、注意が必要です。

ニューギニア本土ではスポッテッドバスは棲息せず、パプアンバスしか釣れませんが、ポートモレスビーの西側のエリアではパプアンバスの他にバラマンディーも釣れるようになります。 ポートモレスビーの東側のエリアではパプアンバスは釣れますが、バラマンディーはあまり多くありません。いずれのエリアもガイド、ロッジは限られていますので、釣行が決まったら、 早めに手配した方がいいようです。

インドネシア領、ウエストパプアでは、フィッシングロッジのような専用の宿泊施設はありません。通常は、大型テントを利用したキャンプフィッシングとなります。

パプアニューギニア、インドネシアともに、ヘッドガイドは、現地の情況を熟知した経験豊富なアングラーです。ただ、ボートを数隻使用するような場合、このヘッドガイド以外に、現地のローカルガイドがガイドすることになります。彼らは、釣りに関してはあまり知識を持ち合わせていない場合もありますので、その場合は、自分達で釣りを組み立てる必要が 出てくるかも知れません。

タックル

パプアンバス、スポッテッドバスともに、淡水中、最高のファイターです。ルアーにバイトしたあとの急激な突っ込みに絶えられるだけのタックルが必要になります。リールのドラグは 最低10キロ程度は欲しいところです。ラインはPE50~80ポンド、リーダーは80~100ポンドを用意して下さい。この魚は、ストラクチャーにタイトに付いた状態で、ルアーにアタックした 直後、数秒でストラクチャーに飛び込んでいきます。大きいもので20キロを超えることがありますが、そのサイズの魚が、数メートル先のストラクチャーに飛び込んで行くのを、数秒の間に ストップさせなければ、ストラクチャーに潜り込まれて、ラインブレイクします。この瞬時の動きを完全にコントロールできるタックルが必要です。

しかも、ポイントとなる川は、川幅も大きくありませんし、ピンポイントでのキャスティングが必要となりますから、ヘビーすぎるタックルでは、このピンポイントのキャスティングに 支障をきたすことになります。この辺りが、パプアンバス、スポッテッドバスの難しいところです。

ルアーは、ハードルアーメインになります。朝、夕の活性が最も高くなる時間帯では、ポッパーなどのトップォータープラグに分があるようですが、日中はストラクチャーにタイトに 付いて来ますから、ピンポイントでストラクチャーが打てるようなディープウォーター系プラグがいいようです。私の経験では、日中、川の深みに潜む大物を狙うには、スローシンキングの ビッグベイトを使って、スローアクションでボトム近くをゆっくりトレースできるようなルアーも用意しておいた方がいいように感じました。もちろんフックは丈夫なフックに交換して下さい。

マラリア予防について

このエリアの釣行に際しては、みなさんマラリアを心配されます。詳細は、以下の日本寄生虫学会のマラリア予防のページを参照下さい