トップページ  > GT     |  お問い合わせ  | お申し込み

GTフィッシングについて

オーストラリアは、世界で最も大きなサンゴ礁、グレートバリアリーフをポイントとする東海岸エリアと、世界で2番目に大きなリーフ、ニンガルーリーフをポイントとする西海岸エリアに 大別できます。グレートバリアリーフは日本列島がすっぽり入ってしまうほど広大で、北部エリアがケアンズ、中部エリアはハミルトン島かマッカイ、南部エリアでは、フレーザー島のある ハービーベイがベースになります。ニンガルーリーフのある西部エリアでは、エクスマスが、そのベースとなります。

どのエリアでも、通年、コンスタントに釣果が得られますが、時期のより海況がかなりことなりますので、釣行の際は注意が必要で酢。通常、5月中旬から9月にかけての冬季は風が強く 海が時化やすくなりますから、この時期は外したほうがいいでしょう。反対に10月から翌年1月までは風もやみ、凪の日が多くGTフィッシングにとってはベストシーズンといえます。 東海岸、西海岸ともに2月から3月にかけては、サイクロンの時期となり、この時期の釣行も得策ではありません。南部エリアでは、この時期、サイクロンの影響は、あまりありませんから、 この時期の釣行でも問題ないはずです。4月の雨期明け直後から5月中旬までは、天候も安定し、釣果も望めます。

ベストタイドは大潮の3~4日前です。日中に干潮となる潮であれば、最も活性が高くなる時間帯が長く取れますから、潮汐表を確認の上、釣行の日程をプラニングしてください。

ケアンズ、エクスマスでは、日帰りトリップから、船中泊のロングトリップまでアレンジ可能ですが、グレートバリアリーフ中央部から南部エリアにかけては、グレートバリアリーフが かなり沖合いに位置しますので、日帰りでのアクセスはできません。従って船中泊のトリップに限られます。

ニューカレドニアはグレートバリアリーフに次ぐ、世界で2番目に大きなラグーンのあるサンゴ礁の島です。島自体は東西に1000キロもあり、島の北部と南部にラグーンが広がり、フィッシングポイントもそこにあります。ラグーンが大きいため、釣り場の海況が安定していて、一年を通してGTフィッシングが楽しめます。他のGTフィッシングエリアに比べ、フィッシングプレッシャーが少なく、50キロ以上の大物も期待できるフィールドです。

GTフィッシング、各コース、各コース

ケアンズ、ポートダグラス周辺

  「GTフィッシング、ジギング」
  「GTフィッシング、ジギング(格安コース)」

オーストラリア、コーラルシー

  「オーストラリア、コーラルシー(グレートバリアリーフ沖)」
  「マッカイ、GTフィッシング」

ニューカレドニア

  「GTフィッシング、ジギング」

ケアンズでのGTフィッシング

フィッシングポイント

グレートバリアリーフは、インリーフでは水深40メートル程度の深さしかなく、海底は砂地です。その海底からサンゴ礁が水面近くまでそそり立ち、リーフの側面は海底までドロップオフに なっている場合が殆どです。サンゴ礁のトップは、沈み根の場合、深度15メートル程度まで深くなる場合もありますが、通常は満潮でも深度が2メートル程度しかなく、サンゴ礁の形状は、 ボートの上から確認できます。従って、潮の流れを事前に把握できれば、サンゴ礁の形状から、GTの居つきやすい場所が特定できます。そこから、キャスティングの方向、バイトの位置、 バイトさせた後の魚の誘導方向等をイメージして、ランディングまでのストーリーを事前に組み立てることができれば、バラシも少なく、確実にランディングできるようになります。

潮の干満により、満潮時は、外洋からリーフ内へ、干潮時はリーフ内から外洋へ潮が動きますから、それにつれてベイトフィッシュも移動しますし、GTもそれを追いかけるように 移動します。ベイトフィッシュは年間を通じて、タカサゴやウメイロなどのプランクトンイーターです。これらのベイトフィッシュは、潮通しのいい、リーフとリーフの間のスリットや、大きな リーフの潮上に群れることになります。この群れは、ボートからでも簡単に肉眼で確認できます。

ベイトフィッシュの群れが水面に浮いている場合は、このベイトフィッシュの群れに向かって キャスティングします。天候が安定している時季は、タカサゴ等のプランクトンイーターが水面で群をなして泳いでいるのを見つけやすくなります。そのプランクトンイーターの群をめがけて キャスティングすると、その魚達を狙っているGTがポッパーに飛びかかるというわけです。ベイトフィッシュが水面に浮いているときは、キャプテンからベイトフィッシュの位置を 指示されますから、その方向に正確にキャスティングしてください。したがって正確なキャスティングテクニックが必要になりますので、いらっしゃる際は、事前にキャスティングの練習を してきてください。波が高いと水面のプランクトンイーターが見つけにくく、その場合は適当な浅瀬をピックアップしながらキャスティングしていくことになりますが、かなりハードな釣りを 強いられます。ベイトフィッシュが見つけられなくなったら、次の潮が来るまで、ジギングでもした方が効率的ですから、ジギングタックルも用意しておいた方がいいでしょう。

使用するボート

ボートは、日帰りトリップで使用するセンターコンソール タイプの20~30フィート前後の小型ボートと、船中泊のトリップで使用するキャビン付きのクルーザータイプのボートに分けられます。いずれも3~4名程度の乗船です。クルーザータイプの ボートは、バウデッキでキャスティングできるような構造になっていないものが多く、基本的にボート後部のオープンデッキでキャスティングを行います。

タックル

・ ルアー

GTフィッシングでもマッチ・ザ・ベイトの基本は変わりません。
ベイトフィッシュが水面でざわついて、そのベイトフィッシュに向かってキャストする場合は、スプラッシュの上げやすい、 ポッパーかペンシルが有効です。潮止まりで、ベイトが沈んでしまい、適当なポイントをピックアップして釣るような場合、あるいは、水深がかなり深く、ある程度の深度から魚を誘い出したい 場合は、カップの大きなポッパーを使用し、ポップ音やルアーの曳く泡が大きくなるようなアピールの大きいルアーをチョイスします。

もう一つ重要な要素は、着水時の立ち上がりです。着水してからアクションを始めるまでに時間がかかってしまうルアーはよくありません。GTはルアーの着水音を聞いていて、着水した 瞬間にルアーをその視界のに捕らえているはずです。着水した瞬間にルアーがじっとしていてはGTは興味を示しません。着水した瞬間にルアーがアクションしていることが重要です。 餌付けに慣れたGTで遊んでいると、彼等は空中に飛んでいる餌を水中で認識して、飛んでいく方向に追いかけていきます。彼等の視力には驚かされます。

・ ライン

基本的に、ベイトフィッシュに向かってキャンスティングするケースが多いので、飛距離を得られる方が釣果が多いように思います。飛距離を考えると、PE6号、あるいは8号クラスです。 リーダーラインはメインラインの太さと、ポイントのリーフの状況で、100~160ポンド程度です。ボートのアシストがしっかりしていますので、リーダーをあまり長くとる必要はないと 思います。スプールの中にノットが入り込まないような長さの方が、キャスティング時のトラブルが少なくて済みます。ただし、リーフのすぐ脇でのやり取りになりますから、どこで バイトさせればいいか、ある程度の戦略は立てた上でキャスティングすべきです。

キャスティング時の戦略

・ リーフへのブラインドキャストの場合
リーフの中で、もっともGTが居つきやすいのは、潮流の上手側です。そこに、ベイトフィッシュが集まってくるからです。リーフのトップがある程度深く、潮よれができるほど早い流れの 場合には、リーフの下手側、流れの影にベイトフィッシュが集まる場合もありますが、リーフのトップが浅く、流れがリーフの上を乗り越えて流れないような場合は、100%、流れの上手側に ベイトフィッシュが群れて、そこにGTが集まってきます。

右の図で言えば、①の方向が、最初のキャスティングポイントです。リーフの潮が当たる場所をもっとも長くアクションさせてルアーをトレースできます。③の場合は、流れの影にルアーが 着水するので、着水音がしても、GTに対する視覚的なアピールがありません。②の場合は、GTに最もアピールが必要なリーフ脇を、トレースする距離が短くなります。リーフの裏側 (右図、赤の格子模様のエリア)にはキャスティングしてはいけません。ここでバイトしたら、根に潜られてラインブレークです。ただし、リーフにある程度深度があり、バイトした後、 ボートを即座にリーフの反対側に動かせるというようなアシストの方法がクリアーになっていれば、問題はありません。このときは、フッキングの際に、あまり強引に引き上げようとすると 根に潜られてしまいますから、魚との間合いを詰めるまでは、ある程度泳がせたやった方がいいでしょう。

・ ベイトフィッシュへのサイトキャスティングの場合
ベイトフィッシュは、たいてい、移動しながらプランクトンを捕食してますから、キャスティングの前に、ベイトフィッシュの移動方向を確認してください。移動方向が確認できたら、 その奥10メートル程度のところにキャスティングして、アクションしてきたところにベイトフィッシュが移動してくるという間合いの取り方がベストです。

②の場合は、ベイトフィッシュを散らせてしまうことになり、最初の1投しかチャンスがありません。②の方向にキャスティングするなら、まだ③の方向が、次のキャスティングが 狙えることになります。ベイトフィッシュに向かってキャスティングする場合は、ルアーが、遠くからアクションしながらベイトフィッシュの近くに泳いでくる、といったような演出ができれば、 バイトも誘いやすいように思います。ベイトフィッシュへのキャスティングでは、ベイトフィッシュのすぐ近くにキャスティングするよりも、少し距離を置いたポイントにキャスティングした方が、 大物が釣れるように思います。