トップページ  > ダーウィン、ティーウィー島     |  お問い合わせ |  お申し込み

ダーウィン、ティーウィー島 フィッシングロッジ

ティーウィー島はダーウィンの北、100キロの沖合いに浮かぶ島です。正確には水路を挟んで西側の島をバーサスト島、東側の島をメルビル島と呼び、この2つの島を指してティーウィー島と呼ばれます。メルビル島は、オーストラリアの中で、タスマニアに次ぐ大きな島で、バーサスト島、メルビル島とも、アボリジニーのティーウィー族の居住区となっており、許可がなければ立ち入ることが許されません。この島へは、ダーウィンから小型機を利用して30分程でアクセス可能です。

この広大なティーウィー島は、淡水の湿地帯、深く入り組んだ入り江やそこに広がるマングローブ林、岩場の海岸や砂浜のビーチなど、いろいろな景観を見せてくれます。

自然も豊かに残され、クロコダイル、イルカ、ジュゴン、海亀などの大型の海洋生物や、様々な種類の鳥類の生息場所となっています。

このティーウィー島の中に、3つのフィッシングロッジがあり、いずれも雨季の期間はクローズとなります。オープン期間は乾季の始まる3月末から、雨季直前の12月上旬までです。

メインターゲットは、もちろんバラマンディーで、その数、サイズともノーザンテリトリーエリアでは、期待の持てるポイントです。20キロオーバーのバラマンディーも過去に何度もランディングされています。汽水域のターゲットとしては、バラマンディー以外に、マングローブジャック、スレッドフィンサーモン、ブルーサーモン、サラトガ、フィンガーマーク、ターポン、コッドなどが上げられます。ブルーウォーターのターゲットとしては、マッカレル(カマスサワラ)、ジューフィッシュ(ニベ)、ゴールデンスナッパー、クイーンフィッシュ、GT、コーラルトラウト、ロングテールツナなどです。

フィッシングターゲット(魚種)

バラマンディー   バラマンディー   バラマンディー
バラマンディー   バラマンディー   クイーンフィッシュ
       
ロングテールツナ   スレッドフィンサーモン   サラトガ

日本からのアクセス

● 日本からケアンズまで

成田、関空からジェットスター航空の直行便利用でケアンズへ

● ケアンズからダーウィンまで

カンタス航空、ジェットスター航空が、毎日、各1便、直行便を運行

● ダーウィンからティーウィー島まで

ローカル線が、毎日2便、各フィッシングロッジの最寄の空港まで運行。フライト時間は、フィッシングロッジの場所にもよりますが、30分から1時間程度。

コース詳細

● 最小催行人数

1名より(最大3名まで、3名以上の場合は、追加ボート手配が必要です)

● 料金

ロッジにより異なります。お問い合わせ下さい。
宿泊、食費、フィッシング代金を含んだパッケージ料金が設定されています。ボート1隻につき3~4名まで乗船可能で、パッケージ料金も1グループ、3~4名までの、人数ごとに設定されています。

● ダーウィンでの宿泊

事前に御連絡頂ければ、アレンジ可能です。

ダーウィン周辺フィッシングトリップ、サイト内関連ページ

バラマンディーフィッシングについて
クイーンフィッシュフィッシングについて
サラトガフィッシングについて

ダーウィン近郊でのその他のフィッシングトリップ

ダーウィン近郊
アーネムランド、バラマンディーフィッシングロッジ